ホテルセントヒル長崎 公式ブログ

イベント

長崎くんちが始まります。

キャッチ画像
長崎の秋を彩る「長崎くんち」(国指定重要無形民俗文化財)がいよいよ始まります。 7年に1回の出番を待っている踊り町(おどりちょう)と演(だ)し物は、次のとおりです。   今博多町   傘鉾・本踊り(ほんおどり) 魚の町    傘鉾・川船(かわふね) 玉園町    傘鉾・獅子踊(ししおどり) 江戸町    傘鉾・オランダ船(おらんだせん) 籠町     傘鉾・龍踊(じゃおどり)   ホテルセントヒル長崎のロビーにも各踊り町がつくった手ぬぐいが飾られています。 開催期間は、毎年、10月7日、8日、9日となっています。 この長崎くんちは、長崎市民の氏神「諏訪神社」の秋の大祭で、 寛永11年(1634年)に踊りを奉納したことが始まりと言われています。 各踊り町(
続きを読む

お諏訪さんの狛犬散歩道

キャッチ画像
総務のYです。 9月に入り朝晩はずいぶん過ごしやすくなりました。長崎では10月7日から9日に行われる秋の大祭、「おくんち」までは学生さんの制服も夏仕様。日中はまだまだ暑いです!   その長崎くんちで有名な諏訪神社に、狛犬が大集合していることはご存知ですか?実は狛犬は犬ではなく空想上の霊獣と言われています。口を開いた「阿像」の獅子と口を閉じた「吽像」の狛犬、阿吽で一対になっているのは日本特有なのだそうです。 今日は諏訪神社境内のちょっと変わった狛犬たちをご紹介します。   【立ち狛犬・逆立ち狛犬】 長崎くんちの踊馬場の下、二ノ鳥居の傍らにある祓戸神社にあります。 2匹で楽しそうに遊んでいるようにも見えますね。   【トゲ抜き狛犬】 噛みつきそうな怖い顔ですが、
続きを読む

 夏 真っ只中!・・・精霊流しが行われました。

キャッチ画像
 みなさま、夏バテ、熱中症にならないようご注意ください。  さて、長崎の夏といえば「精霊流し」です。  全国各地で死者の魂を弔う行事で「精霊流しや灯篭流し」などがあります。    精霊流しと灯篭流しの違いですが「精霊流し」は長崎と近辺の地域でしか行われない行事で、全国的には死者の魂の送り火として行われる「灯篭流し」が主だそうです。   ここでは長崎伝統の「精霊流し」を少しご案内します。   「精霊流し」は、亡くなられて初盆を迎える遺族の方々が、8月13日に、亡くなられた御霊をお迎えし、15日に西方浄土(極楽浄土)へ送ることといわれています。    長崎の「精霊流し」では、爆竹が使われることで有名ですが、爆竹は中国では「魔除け」としての意味がります。長崎では精霊船が通る道筋
続きを読む